2006年12月31日

今年を振り返る(06年12月)

 2006年、あっという間の1年でした。

 トリノオンリンピックやワールドベースボールクラシック、サッカーワールドアップ、松坂選手の話題などスポーツイヤーの印象が強いですね。

 鉄道ファンにとって一番の出来事は、ブルートレイン「出雲」の廃止ではなかったでしょうか?昨年末に発表されて以来、このブログでも多数この話題を取り上げました。私も3月には1週間「出雲」のお別れ乗車に出向きました。前半は、ほとんど「出雲」のことばかり考えていたような感じです。後半は、仕事が忙しく、出張帰りの小旅行が楽しみという程度でした。

 また、「鉄道サウンド広場」では新たに「懐古館」を立ち上げることが出来ました。引き続き、様々なサウンドを公開したいと考えていますのでよろしくお願い致します。

 今年も「鉄道サウンド広場」をご利用頂きましてありがとうございました
m(_ _)m(チャイム)

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい
posted by 城崎かすみ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

余部鉄橋 転落事故から20年(06年12月)

527-ama.jpg daisen58-ama.jpg izumo3-ama2.jpg

 28日、JR山陰線・余部鉄橋で列車が転落、カニ加工工場の主婦ら5名と車掌の6名が死亡した事故から丸20年が経過した。現場の慰霊碑では、21回忌の法要が営まれた。遺族や地元住民ら約60名が黙とうや花を捧げた。

 あっという間の20年間であった。来春には、鉄橋の架け替え工事も開始される。遺族の方々からすると、ようやくと言った感じかも知れないし、事故が忘れ去られていくといった微妙な心境かも知れない。

 当時、私も頻繁に余部鉄橋を往来していたし、事故に巻き込まれていても不思議ではなかった。下り列車の場合、トンネルを出て、突然空中に舞い上がったかのような感じで冬場は特に怖かった。スキージャンプのような乗り心地であった。旧型客車では、突風で開いていたドアがバタン!と勢いよく閉まり、ドアの窓ガラスがよく割れていた。

 昨年は、同じ日本海側の羽越本線でも強風による特急「いなほ」の脱線事故で尊い命がなくなっている。予測が難しい突風であるが、安全には可能な限りの対策を講じてもらいたい。

 鉄道サウンド広場(資料館)には、事故直後に撮影した写真を公開している。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

[タイトル] 鉄道忌避伝説の謎―汽車が来た町、来なかった町
[著者] 青木 栄一
[種類] 単行本
[発売日] 2006-11
[出版社] 吉川弘..

posted by 城崎かすみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

特急しらさぎ 通勤日記2(06年12月)

sira1229.JPG sira1229-2.JPG sin-maibara.JPG

 29日、仕事納めの人も多く、そろそろ帰省ラッシュも始まろうかというこの日も「しらさぎ1号」での出勤である。8両編成で、自由席は普段よりやや多いといった感じで、自由席は窓側がほぼ埋まり、通路側はごく一部が埋まる程度の乗車率である。状況によっては、新幹線にしようかと思ったが、広い窓側の座席がキープできたので、いつものように乗車した。

 この日、未明から名古屋でも初雪を観測し、久々に寒い朝であった。岐阜を過ぎると周囲も白くなり、大垣付近から雪が舞い始める。大垣電車区には、183系国鉄色が休んでいた、臨時快速「ムーンライトながら91号」が運転されているのだ。大垣駅ホームには、次発の米原方面の普通列車を待つ乗客の姿が目立つ。

 大垣からは視界も悪くなり、吹雪の中を走行する。雪景色を眺めての乗り心地は最高に贅沢なひとときである。約5分遅れで走行し、柏原付近で、「しらさぎ2号」とすれ違ったと思ったら、柏原駅にも「しらさぎ」編成が回送で停車していた。名古屋始発の臨時「しらさぎ」の送り込みであろう。

 米原では3両増結し、11両編成で富山まで運転される。指定席は満席とアナウンスされていたが、米原からは大勢の乗客が加わった。

 帰路は、米原−名古屋間の「しらさぎ」の空白時間帯の為、新幹線に乗車する。米原駅では、スプリンクラーから車両めがけて勢いよく水が飛んでいく。積雪もそれ程多くはなく、試運転のような気もする。米原を出発した「こだま」は、シャワーを浴びながら、通常よりはスピードを落として走行する。それでも、「しらさぎ」に比べるとあっという間に名古屋に到着した。米原から30分足らずであるから、名古屋市内の事業所から自宅へ移動するより早かったりする。

 明日は、「しなの」。明後日は今年最後の「しらさぎ」で、仕事納めとなる。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

やみつきになるほど、美味しい お米です。 立山連峰の雄大な山々から湧き出る雪解け水によって育まれました。 精米中のタンパク..

posted by 城崎かすみ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

JR九州 「豪遊券」の旅(95年11月)

goyu.jpg sitei1.jpg sitei2.jpg

 現在、鉄道サウンド広場(本館)では、JR九州特集を行っている。

 95年11月に録音したものであるが、3日間JR九州全線グリーン車乗り放題で22,000円と格安であった。当時、夜行急行「かいもん」「日南」にはB寝台も連結されており、同券での利用もOKであった。日付が変わった直後から使用開始し、3日間フルに活用させていただいた。

 グリーン車であるから車内は静かで、車内放送の録音には適している。更に、783系ハイパーサルーンでは1番C席をリクエストし、前面展望を存分に楽しめた。ハイパーサルーンには、ハイパーレディーが乗務しており、飲物やおしぼり、イヤホンの貸出しなどのサービスがあった。485系一般車などの場合は車内販売員が代行しており、短距離利用の際には恐縮しながら缶飲料を頂いた。顔なじみの販売員やハイパーレディーも多数できた。

 783系は88年3月のダイヤ改正から登場した。JR初の新型特急ではなかったであろうか。一般に車両の両端にある出入口が車両中央にあるという珍しい構造で、利用者の少ない九州で、客室を細かく区切ることで短編成でも多様化するニーズに対応可能となるよう工夫されていた。

 車内放送用オルゴールは、八幡電気産業製の従来タイプで、曲は「鉄道唱歌」であったが、JRの新型車両ということから、811系のそれと同じく、オルゴールの中身が交換され、5打音オルゴールとなった。

 また、車掌の業務省力化の一環として、車内放送も自動化され、「黒田節」「おてもやん」などのご当地メロディーも採用された。後に、JR九州社歌「浪漫鉄道」をイメージソングとして浸透させようとの方針から、車内放送メロディーや、観光列車・高速船ビートルなどのBGMとして使用されるようになった。特急「つばめ」が登場してもしばらくは、「浪漫鉄道」は続いたが、現在は「白いかもめ」の885系の博多到着前にBGMとして静かに流されているだけである。

 写真の「豪遊券」は89年9月に利用した時のものであるが、当時は5日間29,700円と更にお得であった。

 現在、JR九州の特急の多くは自動放送で、趣味的には面白くない。485系で残っている「にちりん」「きりしま」「ひゅうが」や183系「ゆふDX」くらいが録音の対象となる。九州新幹線鹿児島ルート全線開業では485系も淘汰されるであろうから、九州から「鉄道唱歌」入りの車内放送が消えるのもそう遠くない(唯一「ゆふDX」のみ)。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

やまやの辛子明太子は「匠のたれ」に168時間じっくり熟成。辛子明太子の味を決める漬け込み調味液に、豊かな風味やコクを引き..

posted by 城崎かすみ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

特急やくも リニューアル編成登場(07年4月)

 22日、JR米子支社は、特急「やくも」の内外装を一新し、居住性と快適性を向上させたリニューアル編成「ゆったりやくも」を順次投入する計画を明らかにした。来年4月3日から運行を開始し、2010年までに全ての編成を「ゆったりやくも」に置き換える。

 外観は、JR西日本標準タイプのデザインで、カラーは、大山の冠雪の白色(ホワイトグレー)と、出雲大社の巫女をイメージした赤色(ディープレッド)の二色を基調とし、緑色(ナチュラルグリーン)のラインで豊かな自然を表現する。

 内装は、居住性と快適性にこだわり、以下のような改良が実施される。

(1)普通車のシートをフィット感の高いものに変更
(2)窓側席下のダクトを取り除き足元空間を拡大
(3)現行のグリーン車をすべて3列シート化
(4)トイレの洋式化、男性、女性専用も設置
(5)喫煙ルームを設けて全席禁煙化

 1997年にグリーン車の一部を3列化して以来の改造投資で、総額約20億円弱で50両を全てをリニュアルする大規模なものとなる。381系電車は、JR東海では既に1編成を残すのみで、定期運用はなくなっており、特急「くろしお」と「やくも」の2系統のみとなっている。そろそろ新型車両の投入といきたい所だが、大規模改装によりあと10年くらいは生き長らえるであろう。

 「鉄道唱歌」オルゴールはリニュアルしないで、オリジナルのまま残って欲しいものである。

 来年4月3日には、「ゆったりやくも」登場の記念セレモニーが出雲市、米子、岡山の各駅で行われる予定である。

参考:JR西日本HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

出雲老舗そば屋のポン酢(6本セット)出雲老舗そば屋のポン酢(6本セット)
販売元 : UPPERLIFE
価格 :
商品名 ゆず生丸しぼりぽんず (6本セット) 内容量 360ml×6本 原材料 ゆず、本醸造しょう油、本みりん、昆布、かつお、..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 00:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

京成バス 車内放送にルーキー起用へ(06年12月)

 千葉ロッテマリーンズは、ドラフト1巡目で入団した八重山商工・大嶺祐太投手を京成バスの車内アナウンスに起用するプランを検討しているという。

 京成バスでは、今春から幕張本郷駅〜海浜幕張駅〜マリンスタジアム間を運行する路線バスのアナウンスにバレンタイン監督、渡辺俊、里崎、今江、ベニーとフランコの6人を起用している。本人は、入団していきなりこのような仕事に戸惑っていることだろう。

 京成バスといえば、東京ディズニーリゾートとオフィシャルホテルを結ぶシャトルバスも持っていたと思うが、こちらではミッキーマウスが車内放送をしていた。

 東京都バスは、吉本興行のお笑いタレントを車内アナウンスに起用するなど有名人が登場するケースは少なくない。

 JR東日本の新幹線の声の主がフジテレビの堺正幸アナウンサーということは有名である。ご本人も大の鉄道ファンで、旧国鉄時代の懐かし系がお好きである。

参考:スポーツ報知HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

ロッテ歌のアルバム クラウン編ロッテ歌のアルバム クラウン編
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ロッテ歌のアルバム クラウン編
[アーティスト] オムニバス玉置宏北島三郎西郷輝彦水前寺清子小林旭美川憲一
[レーベ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

KTR 「タンゴ悠遊号」運転拡大へ(07年3月)

tango-yuyu1.JPG tango-yuyu3.JPG tango-yuyu2.JPG

 22日、KTR(北近畿タンゴ鉄道)は、来年3月18日に実施するダイヤ改正の概要を発表した。目玉は、今年の夏臨時運転され、好評だった快速「タンゴ悠遊号」の運転本数の拡大である。

 「タンゴ悠遊号」は、由良川や奈具海岸などの眺めの良い場所で徐行や一時停車し、丹後海陸交通のバスガイドさんの肉声放送に耳を傾けながら車窓を楽しめる列車であった。夏は、週末中心に西舞鶴−峰山間を1往復したが、土・休日に西舞鶴−天橋立間に2往復の運転となる。

 観光ガイドさんの沿線案内車内放送などは、まだ本館で公開しているのでお早めに!

 また、久美浜発着だった上下4本の特急「タンゴディスカバリー」が豊岡発着となり、城崎方面との行き来も改善される。

 JR西日本では、禁煙車が拡大するが、相互乗り入れということから、KTRの特急も禁煙となる。

参考:京都新聞HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

ポーター(吉田カバン) タンゴブラックシリーズ ブリーフケース(M)ポーター(吉田カバン) タンゴブラックシリーズ ブリーフケース(M)
販売元 : A-ONE
価格 :
吉田カバン70周年においてMADEINJAPANを強く打ち出す為に、京都丹後地方の伝統的な織物である『丹後ちりめん』を使っ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

JR九州 N700系の導入検討へ(06年12月)

 20日、JR九州では、2011年春の九州新幹線鹿児島ルート全線開業時に、JR東海とJR西日本が共同開発した新型車両「N700系」の導入を検討していることが明らかになった。定例会見で、同社社長が言及したもので、九州産材を豊富に使った現行の「つばめ」のデザインについて現有車両限りになる可能性も示唆した。

 JR東海、西日本、九州の3社は鹿児島ルート全線開業に合わせて、新大阪−鹿児島中央間で山陽新幹線と九州新幹線を相互乗り入れさせることで基本合意している。相互乗り入れに伴い、JR西日本は九州内の急勾配対応の新車の導入が必要で、JR九州も乗り入れ用に8両編成を大量に導入する必要がある。

 相互乗り入れでは、故障などの緊急時や内装の破損などへの対応のため、車両を共通化しておく方が効率的とされることから、JR九州は、選択肢の一つとして、N700系の導入を検討している模様である。

参考:南日本新聞HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語
[著者] 水戸岡 鋭治
[種類] 単行本
[発売日] 2004-12
[出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

07年3月改正 さよなら特急東海号(07年3月)

tokai1.JPG tokai2.JPG

 22日、JR各社は、来年3月18日(日)に実施するダイヤ改正の概要を発表した。気になっていた九州ブルートレインや「銀河」などの廃止は免れた。

 しかしながら、残念なニュースもあった。伝統の「東海」の愛称が消えていく。165系急行電車で最後までグリーン車を連結し貫禄を誇っていた名門列車である。後に新型特急列車まで投入され、今日も地道に走り続けているのだが、利用者が少ないとの理由である。

 現在、快速「ムーンライトながら」や静岡−東京間の普通列車と共通運用を組んでいるため、373系電車の東京乗り入れは継続されるであろう。

 今年の「さよなら出雲」などのようなフィーバーはないとは思うが、カウントダウンが始まると乗客が増えるのは間違いない。今のうちに、快適な特急「東海」の旅を楽しんでおきたい。ただし、最後のお祭りムードもまた楽しいののも事実。結局、行ってしまうのである。

 同じく動向が心配され、某鉄道雑誌でも特集が組まれていた485系「雷鳥」については、存続のようである。福知山線脱線事故などで、683系電車の増備計画に変更が生じたのであろう。このまま北陸新幹線開業まで頑張り、「はくたか」に使用されている681系を転用するという案でいいのではないか?

参考:JR東日本HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

まるごとJR東海 ぶらり沿線の旅まるごとJR東海 ぶらり沿線の旅
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] まるごとJR東海 ぶらり沿線の旅
[著者] 徳田 耕一
[種類] 単行本
[発売日] 2000-11-16
[出版社] 河出書房新社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

特急「しらさぎ」通勤 (683系 06年12月)

sirasagi2.JPG sirasagi.JPG sintarui.JPG

 11月下旬から、仕事の関係で名古屋と滋賀県某所の間を連日往来している。会社経費で新幹線での移動もOKであるし、宿泊もOKであるが、毎日「しらさぎ1号」で出かける。帰りは、「しらさぎ」の時間が合えば乗車するが、最終近くの新幹線ということも多い。やはり、我が家が一番落ち着き、癒されるからどんなに遅くなっても基本的に外泊はしない。

 朝、新幹線で出かければ30分はゆっくり寝られるのだが、いつも「しらさぎ1号」を選ぶ。米原まで丁度1時間。同じようではあるが、決して同じではない風景を毎日何気に観察するのが面白い。毎日見ているつもりでも、様々な発見があるものだ。

 車掌さんも一通り覚えた。日頃、車内放送は注意して聴いているから、顔よりも声質や放送の仕方・チャイムの鳴らし方などの個性についての記憶の方が鮮明である。
 11月30日に乗車した時の車掌さんが、12月20日に、12月1日の車掌さんが同21日に乗務されていた。名古屋車掌区の20名のチームによって、一つのローテーションが組まれているということだ。同運輸区には、ほかにも大勢の車掌さんが所属している筈であるから、いくつかのグループがあるのであろう。

 ところで、どういう法則があるのか分からないが、平日でも名古屋発車後にかなり席が埋まる日がある。そうかと思うと、結構空席が目立つ日もある。今後の研究課題の一つである。

 大垣駅構内側線には、11月10日限りで定期運用を離脱した113系が留置されている。21日の復路16時50分頃、「しらさぎ10号」車窓より同駅で静岡に新規投入される313系2300番代の試運転列車を目撃した。3両編成×3編成の9連で、オールロングシートであった。

sekigahara.JPG sekigahara2.JPG sirasagi-mark.JPG

 この「しらさぎ」でないと、楽しめない車窓風景がある。それは、東海道本線の旧新垂井ルートである。大垣−関ヶ原間の勾配緩和の為に、垂井駅を経由せずに迂回するルートである。かつては、新垂井駅もあったが、現在は廃止となっている。同駅は、西村京太郎著「消えたミステリートレイン」の舞台にもなっている。

 関ヶ原を通過し、新幹線の上を跨ぐ場所がある。他に、静岡県の牧の原トンネル付近にもあるが、珍しい。その辺りでいつも「しらさぎ2号」とすれ違う。また、近江長岡手前では、「ムーンライトながら」の間合い運用の373系特急車両を使用した乗り得列車とすれ違う。

 米原で、JR東海・名古屋運輸区の車掌はJR西日本・米原列車区の車掌に交代する。大勢の乗客が乗車し、進行方向も変わり、いつも満席状態で発車していく。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

飛騨アイスクリーム「しらさぎ物語」ギフト送料無料(代金引換不可)飛騨アイスクリーム「しらさぎ物語」ギフト送料無料(代金引換不可)
販売元 : アミューズショップ
価格 :
飛騨アイスクリーム「しらさぎ物語」ギフト送料無料(代金引換不可)
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

JR九州 20周年特急フリーきっぷ発売(06年12月)

 JR九州は、来年4月に20周年を迎えるのを記念し、特別切符の発売やイベントを実施する。早いもので、もうそんなになるのか?というのが率直なところだ。JR各社それぞれどのような企画をしているのか楽しみなところである。

 同社は、第1弾として、20周年にちなみ、グリーン車が5回乗車できる特典付きの「20枚きっぷ」を来年1月10日から発売。1枚当たりの価格は現在の「4枚きっぷ」などと同じで、有効期間は3カ月間。

 また、「スタンプラリー20」も開催する。九州内の主要15駅と5つの特急列車に備えてあるスタンプを集めると賞品が当たる。

 これに合わせて発売されるのが、九州新幹線を含む特急に2日間か3日間乗り放題となる「九州特急フリーきっぷ」である。2日用が22,000円、3日用が25,000円である。九州全線グリーン車・急行B寝台車乗り放題だった「豪遊券」のインパクトが強いだけに、いま一つ安いのか分からないが、鉄道ファンなら上手に元を取るであろう。

 ちなみに、12月25日(月)午前10時から、「九州特急フリーきっぷ」の「硬券きっぷ(記念台紙付)」が博多駅で限定299枚発売される。
 券番001番は「スタンプラリー20」の賞品となる為発売されず、券番002番からの発売となる。こちらも、プレミア価格がついて流通するのであろう。詳細は下記ホームページを参照頂きたい。

参考:JR九州HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

みんなの鉄道 VOL.1 JR九州豊肥本線-SLあそBOY最後の日-みんなの鉄道 VOL.1 JR九州豊肥本線-SLあそBOY最後の日-
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] みんなの鉄道 VOL.1 JR九州豊肥本線-SLあそBOY最後の日-
[出演]
[レーベル] Sony Music Direct
[監督]
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

JR北海道 グレードアップ指定席導入(06年12月)

 17日、JR北海道では、283系気動車を使用した特急スーパーおおぞら・スーパーとかち、スーパー北斗の一部列車の普通車指定席にグレードアップ車両が登場した。

 座席幅は従来よりも約2センチ広く、背もたれは約8センチ高い。また、両サイドにはボリュームのある可動式の枕も備わり、ゆったりと利用できる。また、座席下の暖房機器などの改善により、足を伸ばせるよう改善されている。

 グレードアップ指定席は順次拡大され、08年3月までに283系使用の下記列車への導入が完了する。

 該当列車は、特急スーパーおおぞら全列車、スーパーとかち1・6・7・12号、スーパー北斗2・7・16・21号である。

 格安バス・航空機など競合を考えると、料金、所要時間だけでなく快適性も改善していかなければ生き残っていけない。昔のように、自由席だから、指定席だからこの程度でいいかと利用者を舐めてかかると足元をすくわれる厳しい時代に入っている。

参考:JR北海道HP
 
鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

【いくら醤油漬け】北海道産500g!一粒一粒が宝石のようないくら!イクラ丼に≪お歳暮≫【いくら醤油漬け】北海道産500g!一粒一粒が宝石のようないくら!イクラ丼に≪お歳暮≫
販売元 : カレーShopクラクラ
価格 :
【北海道産 いくら醤油漬】 釧路乃膳(500g) 商品内容 ◆銀毛鮭の卵を使用した高級いくら◆ 北海道産の高級秋鮭から採取した..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

JR西日本 全線乗り放題きっぷ発売(06年12月)

 JR西日本では、年末年始恒例の「全線乗り放題きっぷ」を発売する。
新幹線・特急も乗り放題で、北は北陸本線・直江津から南は紀勢本線・新宮、西は山陽新幹線・博多までと利用範囲は広い。但し、会社線は別途料金が必要となる為、「スーパーはくと」「タンゴディスカバリー」などに乗車する場合は要注意である。

  グリーン車1日用(1月1日)が大人18,000円、子供用が11,000円
  同2日用(12月31〜1月1日)が大人29,000円、子供用が18,000円

  普通車指定1日用(1月1日)が大人15,000円、子供用が7,500円
  同2日用(12月31〜1月1日)が大人24,000円、子供用が12,000円

  発売期間:12月15日〜12月30日
  発売箇所:JR西日本の主な駅のみどりの窓口・旅行会社

 0時過ぎに出発する「きたぐに」を絡めると、かなりの移動距離が稼げそうである。何だか、乗らないともったいないという貧乏人の性で、観光やグルメなどそっちのけでひたすら乗り続ける過酷な旅になりそうな予感が・・・。少しで元は取れるわけであるから、そうムキになって乗らなくてもいいのだが、皆さんは時間が許せばどこへ出掛けるだろうか?宮島や出雲大社へ初詣?

参考:JR西日本HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

ピアノミニアルバム 鬼束ちひろ/いい日旅立ち・西へ JR西日本「DISCOVER WEST」ピアノミニアルバム 鬼束ちひろ/いい日旅立ち・西へ JR西日本「DISCOVER WEST」
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ピアノミニアルバム 鬼束ちひろ/いい日旅立ち・西へ JR西日本「DISCOVER WEST」
[著者]
[種類] 楽譜
[発売日] 2003-..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

JR東日本 ドップラーレーダー導入へ!?(06年12月)

 17日、JR東日本の防災研究所は、局地的な竜巻やダウンバーストの観測に有効とされるドップラーレーダーを近く導入、強風対策への活用を検討することが明らかになった。

 昨年12月に起きた羽越線特急脱線転覆事故を始め、日豊本線の「にちりん」の脱線転覆事故など強風による事故が相次いでいるのを受けての有効な対策となるのか注目される。

 ドップラーレーダーは雨粒の動きをとらえ、突風の原因となる発達した積乱雲を高精度で観測する。成田や羽田など国内の8空港に設置されているが、鉄道事業者としては初めてという。

 局地的な突風は、従来の風速計の観測では予測が困難である。同社は気象庁が実用化を目指す突風などの「短時間予測情報」の活用とあわせて、ドップラーレーダーによる情報を列車の運転規制にどう活用するかや、実際に突風が起きる確率、費用対効果などを独自に研究していく模様である。

参考:くまにちコム

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

JR東日本 鉄道ファイル Vol.10JR東日本 鉄道ファイル Vol.10
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] JR東日本 鉄道ファイル Vol.10
[出演]
[レーベル] 東芝EMI
[監督]
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

えちぜん鉄道 新駅「日華化学前」誕生へ(07年9月)

 15日、福井県のえちぜん鉄道・三国芦原線の福大前西福井−新田塚間に新設される2駅のうち、1駅の命名権を取得する日華化学は、駅名を「日華化学前」とすることを発表した。もう1つの駅は「八ツ島」駅となる。

 駅の命名権売買は、富山ライトレールなどの事例があるが、県内では初めてである。駅名使用契約は、10年間で600万円という。

 命名権取得について、日華化学は、社会貢献活動の一環として取り組んだと説明する。駅名は、社員アンケートにより「日華化学前」が最も多かったという。これにより、同社社員のえち鉄利用促進になればいいのではないか。

 新駅は国交省の認可を経て、来年4月頃着工、9月頃の完成を目指す。命名権は、新駅完成の1カ月ほど前に正式契約を結ぶ予定である。

 もう一方の新駅「八ツ島」については、地元の地名である。

参考:日刊県民福井HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

グルメ≪ごまどうふ!≫大本山永平寺ご用達≪門前団助吟製≫なぜか実店舗で超人気のアイテム!グルメ≪ごまどうふ!≫大本山永平寺ご用達≪門前団助吟製≫なぜか実店舗で超人気のアイテム!
販売元 : ミートショップ グルメ・ナカムラ
価格 :
◆◆巷ではもう有名な商品≪門前団助のごまどうふ!≫のご案内です。◆◆ グルメおすすめの≪お店で人気の商品。ネット店でもご..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

東武鉄道 5050系電車ラストラン(06年12月)

 16日、東武鉄道は、新栃木−東武日光間で同社最後の吊り掛け式台車による駆動方式を採用している5050系電車のお別れ運転を行う。

 年内で引退するにのにあわせ、「さよなら5050系臨時列車」(4両編成)の運転と、東武日光駅ではグッズ販売などのイベントが開催される。 往路は新栃木駅で先着400人に整理券を配布し、10時40分に発車。復路は東武日光駅を12時44分に発車する。

 吊り掛け式電車は電車誕生以来の伝統的な駆動方式で、走行中の力強いサウンドが多くの鉄道ファンを魅了している。新型車両が次々と誕生する中で、また名車が一つ姿を消してゆく・・・。

参考:埼玉新聞HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

プラレール スペーシアきぬがわ号&485系日光号ダブルセットプラレール スペーシアきぬがわ号&485系日光号ダブルセット
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] プラレール スペーシアきぬがわ号&485系日光号ダブルセット
[ブランド] トミー

■商品紹介■
東武スペーシア、JR..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

JR北・四・九・貨 税軽減措置延長(06年12月)

 13日、自民党税制調査会は、経営が厳しいJR北海道、四国、九州・貨物の各社を支援するための税制上の軽減措置について、本年度末の期限後も引き続き5年間延長することを決めた。

 各社とも87年の民営化以降、線路や駅舎などに対する固定資産税や都市計画税の軽減措置を受けている。当初は96年度末が期限だったが、これまで5年毎に2回延長している。

 党税調は、地域住民の足としての公共性を重視し、支援を続ける必要があると判断した。14日に決定する税制改正大綱に盛り込む予定である。

参考:四国新聞HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

会社の税金 コレを知らなきゃ大損です!―小さな会社の節税入門の入門会社の税金 コレを知らなきゃ大損です!―小さな会社の節税入門の入門
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 会社の税金 コレを知らなきゃ大損です!―小さな会社の節税入門の入門
[著者] FANアライアンス
[種類] 単行本
[発売日..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

JR函館線 未明のSL試運転(06年12月)

 13日、未明のJR函館本線・苗穂−小樽間を蒸気機関車C11型171号機が試運転された。

 同車両は、JR北海道が所有する2両のSLのうちの1両で、1月からの営業運転に備え、苗穂工場で解体検査を終えたばかりである。試運転はこの日だけで、営業列車に影響しないよう、最終列車の後に苗穂を出発、小樽で各部を点検した後、始発列車の前に苗穂に戻るダイヤが組まれた。

 非公表の未明の運転ということもあり、沿線には鉄道ファンの姿は見られなかったようである。

 黒煙やスチームを吐き出しながらSLが通過・・・深夜の踏切で突然の「珍客」を目の当たりにしたドライバーはさぞかし驚いたことだろう。

 特に問題がなければ、今後釧路へ回送され、1月20日からの「SL冬の湿原号」(釧網線・釧路−標茶間)として営業運転する。

参考:北海道新聞HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

産地直送!北海道 小樽夢の街アイスセット (I)産地直送!北海道 小樽夢の街アイスセット (I)
販売元 : ブルーラグーン
価格 :
産地直送 でお届け !! 北海道 小樽夢の街アイスセット! 北海道の新鮮な牛乳と果汁を使用しました。 北海道ならではの素材の風味..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

近鉄 名阪特急の旅(12200系 06年12月)

kintetu-exp.JPG kintetu-tyaimu.JPG

 最近、大阪−名古屋間の移動はほとんど東海道新幹線である。滅多に乗車しない近鉄特急に久しぶりに乗ってみたくなった。しかも、同社の看板列車である「アーバンライナーNEXT」や「アーバンライナー」「伊勢志摩ライナー」に使用される新型特急電車ではなく、昔ながらの近鉄カラーの特急電車である。

 前者はJRでいうと「サンダーバード」、後者は「雷鳥「能登」といったところだろうか?個人的には、2階建て車両の2階から車窓を楽しみたいところだが、一般的な12200系に乗車する。国鉄特急車両にも似た安定感のようなものを感じる。

 金券ショップで、難波−名古屋間3,140円のチケットを購入し、窓口で座席の指定を受ける。14時30分発の特急は、12200系4連に近鉄カラーの新型22000型2連の6両で名古屋まで運行される。

 車掌の携帯端末には発券情報が伝わっており、車内改札が省略されるのは煩わしさから開放され、有難いサービスである。

 車内放送は、車掌が最後部から肉声で行う。電子音チャイムが残念であるが、12200系の乗務員室には、国鉄特急電車と同じオルゴールがついている。ただし、曲は「鉄道唱歌」ではなく「5打音」の往復バージョンである。JR九州の783系のような感じである。

 列車は、大和八木、名張、津、白子、四日市、桑名に停車する。新幹線と比べると時間はかかるが、TV−CMにもあるように鉄道ファンからすると2〜3時間程度が丁度飽きも来ず、楽しく過ごせる乗車時間かな?といった感じである。「もう少し乗っていたい」と思うくらいがいいのである。新幹線だと、ちょっぴり慌しい。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

近鉄特急 志摩線-名古屋線近鉄特急 志摩線-名古屋線
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 近鉄特急 志摩線-名古屋線
[出演]
[レーベル] テイチクエンタテインメント
[監督]
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

急行能登の旅3 (489系 06年12月)

 鉄道ミステリーの解答であるが、「おきゃくです」さんのコメント通りである。

 10月改正までは、特急「北陸」は「しらさぎ2号」に追いつかれることなく金沢まで逃げていた。しかし、ダイヤ改正以降乗車してみて初めてこのことに気が付いた。「しらさぎ」は米原での新幹線接続の使命がある為、極力定時で運行したい。万一、先行する足の遅い「北陸」の影響で遅れを生じさせてはいけないということで、このような措置になったのかも知れない。

 高岡からの城端線は、キハ47系ばかりの編成で、キハ58系は東富山で出発待機していた。「しらさぎ2号」の反対側には特急「北陸」が待避しており、「しらさぎ2号」の後を追って発車していった。

 まもなく自動放送が急行「能登」の到着を告げる。復帰後、元の9号車では、私を含め3人となって金沢到着アナウンスを聞くこととなった。ゼンマイ式の昔ながらの「鉄道唱歌」オルゴールが軽快に響き渡る。「上野からの急行能登号にご乗車いただきましてありがとうございました。またのご乗車をお待ちいたしております。」

 金沢からは、特急「雷鳥8号」に乗車する。同じクリームに赤のツートンカラー国鉄特急色の485系である。金沢駅では直前に「サンダーバード6号」が12両で発車したばかりということで、古い車両を使用した足の遅い「雷鳥」に好んで乗車する人は少ない。

 7号車自由席には数名の乗客しかいない。発車前から「鉄道唱歌」オルゴールが流れ、案内放送が行われた。この先、大阪まで国鉄時代にタイムスリップしたかのような旅が続いた。

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

和チーズケーキ3個酒かすチーズケーキ3個セット:お取り寄せモニター特別割引20%OFF和チーズケーキ3個酒かすチーズケーキ3個セット:お取り寄せモニター特別割引20%OFF
販売元 : 京都の和菓子 京みずは
価格 :
新発売 和のチーズケーキ 今までなかったのが不思議なぐらい 美味しい仕上がり。 アルミカップのこだわるからこそ、熱の伝わり方..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。