2009年04月28日

航空各社 「肥満」割増料金導入へ!?(09年4月)

 アメリカの大手航空会社ユナイテッドは、今月から「肥満」基準に達した乗客が混雑時に搭乗する際、2席分の購入を求める方針を導入している。

 この動きが拡大しそうな雰囲気である。

 アイルランドを拠点にする欧州最大の格安航空会社ライアンエアが、「肥満」の乗客に割増料金を求める考えを公表した。課金方法などは現在検討中である。

 同社によると、乗客ら10万人余りから行った調査で、四択で「有効な経費削減策」を聞き、「肥満の乗客から超過料金を取る」が29%と、トイレットペーパー有料化(25%)など他の案を抑えトップだったという。

 「肥満」乗客の基準について、

(1)男性130キロ、女性100キロ以上
(2)胴回りがひじ掛けの間に収まらない

などの選択肢を示した。同社の広報担当は「お客さまがより健康になろうとする動機づけになれば」とコメントしている。

 込んだ機内で隣に大柄な人が座ることに苦情が出ることを逆手にとった利益向上策で、差別との批判も予想されるが、事前の乗客調査で支持があったと導入に前向きである。

参考:中日新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

JR九州 土日乗り放題1万円(09年5月)

 JR九州は、土日2日間の全線が1万円で乗り放題となるフリー切符「ゲキ★ヤス」の販売を始めた。同社では、JR西日本と共同でのフリーきっぷを発売するなど高速道路料金割引への警戒感を強めている。

 同社鹿児島支社長は、「はっきりいって高速1000円対策」と述べている。3月の高速料金値下げ後、土日の新幹線利用者の落ち込みが大きいという。福岡−鹿児島間は高速利用の割安感も高く、同きっぷの利用者向けのレンタカー割引サービスも、鹿児島中央駅に限り割引幅を大きくする。

 利用期間は5月9日〜7月12日の連続する土日曜で、新幹線自由席などを含めて利用できる。小学生は1000円。

参考:南日本新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

名鉄 初の女性運転士誕生(09年4月)

 24日、名古屋鉄道で初の女性運転士が乗務を開始した。全国各地で女性運転士が誕生し、決して珍しいことではなくなったが、816名もの運転士が在籍する名鉄でもようやくといった感じである。

 初の女性運転士は、神宮前乗務区所属で、知多半島方面への電車を中心に担当する。初日は金山発知多半田行きの普通電車に神宮前駅(13時29分発)から乗務を始めた。

参考:毎日新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

JR長野支社 旧型客車「ナイトビュー更級号」(09年5月)

 JR東日本長野支社は、篠ノ井線に貴重な旧型客車を使用したイベント列車「ナイトビュー更級号」を運行する。5月8日(金)9日(土)15日(金)16日(土)に、長野−姨捨間を各1往復する。

 日本三大パノラマ車窓と言われる区間で、夜間は月が美しい場所として知られる。かつて同区間を通過中に車内放送でも時々車窓案内放送を聞く事ができたが、最近は?

 夜景が美しいのなら、人気のブルートレインを使用し、一晩姨捨で過ごし、朝戻ってくるというリバイバル急行「ちくま」もいいのでは?ただ眠るだけが目的の列車ホテル「ナインドリーム甲子園」や「エキスポドリーム号」など当時の宿泊事情から設定された列車も懐かしい。
 
 JR東日本は、定期列車こそ新型車両が多く趣味的にはつまらないが、イベント列車は興味深いものが多い。旧型客車はじめ国鉄車両をいつまでも大切に動態保存してもらいたいものである。NEX用の新型車両がお目見えしたが、現NEXを「踊り子」に転用し、玉突きで185系が波動用183系を淘汰しそうな予感もする。

 JR西日本は、ブルートレインをバッサリと切り捨ててしまったし、「ムーンライト山陽・八重垣・九州・高知・松山」の自然消滅!?、「雷鳥」や「はまかぜ」にも新型車両導入が決まるなど雲行きが怪しくなってきた。

 経費はかかるが、485系、583系電車、181系、58系、52系気動車、旧型客車、ブルートレインなどは最低1編成は国鉄色で残し、動態保存でイベント運行でファンサービスをしてもらいたい。鉄道博物館は大人気であるが、走る列車として後世に残すべき遺産である。
 
 車両が解体される前に、早速、東京−西鹿児島間のリバイバルブルートレイン「富士」「はやぶさ」に期待したい。

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

越後交通 運転手に「急げ」とナイフ!?(09年4月)

 24日午前10時50分頃、新潟県の越後交通・JR柏崎駅発JR長岡駅行路線バスに乗車した男が、運転手に果物ナイフを突きつけ、「12時までに急いで長岡駅へ行け」と脅した。

 バスは定刻より4分遅れの午前11時52分に長岡駅に到着した。通常通りの運行でも十分間に合うと判断した運転手は途中の停留所でも乗降を行った。長岡駅に到着後、男は運賃640円を支払って下車していったという。他の乗客に気付かれることなく、無事に運行を終えた後、運転手が交番へ届け出て事件が明らかになった。

 新潟県警長岡署は強要容疑で男の行方を追っている。

参考:毎日新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

土浦市 市のイメージソングを発メロへ(09年8月)

 茨城県土浦市は、市内のJR3駅(土浦、神立、荒川沖)の発車メロディーを、市のイメージソング「風の贈り物」(作曲・南こうせつ、作詞・藤代京子)に変更するようJR側と交渉している。今年度予算に曲のアレンジ料や放送設備の設置費用として約200万円を計上し、8月のキララ祭りに合わせて実現を目指している。

 「風の贈り物」は市制施行50周年記念事業で、90年に誕生し、産業祭やキララ祭りなどのイベントや土浦ケーブルテレビの市広報番組「マイシティつちうら」のお知らせ時に流れているが、市民の認知度は今ひとつという。こうした事情から、街のPRや観光の振興、郷土愛をはぐくむために発車メロディー化案が浮上した。

 現在、土浦駅では、上りがモーツアルト作曲の「ロンドンKV485」、下りがモーツアルトの「きらきら星変奏曲」が18年前から流れている。一方、神立、荒川沖の両駅は独自曲でなく、常磐線の他駅でも流れる「ゴータデルビエント」「ウオータークラフ」が使われている。

 JR東日本では、各地でご当地メロディーが拡大しつつある。

参考:産経新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

JTB 時刻表創刊1000号(09年4月)

P1090522.JPG

 JTBが発行する時刻表が09年5月号で1000号を迎えた。これを記念し、20日、さいたま市の鉄道博物館ではイベントが行われた。

 同館では、4月22日から8月31日まで1872(明治5)年の鉄道開業から現在にいたる時刻表の歴史を紹介する「コレクション展・時刻表」が開催される。

 JTBの時刻表は、1925年に「汽車時間表」として創刊された最も古い時刻表で、86年11月には200万部発行されたが、インターネット等の普及などで、今は15万部程という。国鉄時代は国鉄監修として鉄道マンや鉄道ファンのバイブルでもあったが、民営化後はその冠も無くなり、各駅には交通新聞社刊の「JR時刻表」が常備されるようになってしまった。そのライバルの「JR時刻表」も7月号で555号を迎える。

 3月に発売された999号の表紙は、松本零士氏の「銀河鉄道999」、現在店頭に並んでいる1000号は、多くの列車のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏が担当した。鉄道の歴史をたどり5つの車両を掲載したもので、いずれも記念に手元に残しておきたくなるデザインである。実際、999号は例年の4月号の20%程度売れ行きが伸びたという。

 かつて、購入してきた時刻表は大切に保管してきたが、さすがに結婚や引越しでその量の多さはいかんともし難く、間引くように廃棄してきた。現在では、大型時刻表は購入していない。ネットで調べるからである。交通新聞社刊の携帯型全線全駅タイプを四半期毎に購入する程度である。

 さすがに今回は記念にと思い、一旦手には取ってみたが、脳裏に様々な記念グッズで溢れかえる書斎が映し出され、断念した。手元においておいても、結局はその存在すら忘れてしまうもので、引越しの荷づくりの時にふと気付き、作業そっちのけで・・・というのが関の山である。

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時刻表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

特急きのさき 181系気動車で運転(09年5月)

 5月2日、京都−城崎温泉間に臨時特急「きのさき81号」が181系気動車で運転される。これまでは臨時でも183系電車で運転されていたが、今回は珍しく全区間架線下を気動車での運転となる。検査等で予備の電車も足りないのであろうか?

 かつて京都駅から山陰方面へは、181系気動車特急「あさしお」やキハ58系気動車急行「丹後」が主役であったが、久しぶりの気動車特急の登板となる。今回は気動車4両での運転であるが、折角、余部鉄橋の架け替え工事や観光キャンペーンを実施している訳であるから、1編成分を国鉄色として、臨時特急「あさしお」で京都−鳥取間にでも運転して貰いたかった。今後の企画に期待したいところである。担当者殿よろしく!

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

GW 大型連休に一部戸惑いも!?(09年4月)

simanami1 sup1.JPG jal-widow.jpg

 間もなくやってくる大型連休(ゴールデンウィーク)であるが、今年は不況の影響もあってか、半導体や自動車関連などの一部では最大16連休という人もいるという。

 有給休暇もろくに取得できず、一生懸命働き続けてきた世代からすれば時代も変わったものだと思うに違いない。16日といえば、ひと月の半分以上家に居る訳で、子供の冬休みと同じくらいの期間である。

 定額給付金の支給も遅れる中で、暇はあっても金はない状態では逆に辛いゴールデンウィークになるに違いない。

 逆にやや金に余裕のある人はいい休暇となりそうである。

 海外旅行は、燃油サーチャージの大幅値下げや円高の影響で、かなり安くなっている。また、国内旅行についても、高速道路料金の値下げやガソリン代の安定。鉄道・航空・旅行各社の格安料金プランの設定も多く、賢く利用すれば昨年の半額以下で同じレベルの旅行が楽しめそうである。

 JTBによると、海外旅行者数は3年ぶり、国内旅行者数は2年ぶりに増加に転じるとなる見込みという。

 筆者のように金も暇も無い人間にはまったく関係のない話題である。

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

黒部峡谷鉄道 車内放送に室井滋さん起用(09年5月)

 5月1日、富山県の黒部峡谷鉄道は同県滑川市出身の女優室井滋さんの声による車内放送を始める。

 観光列車らしく、見どころをじっくり眺めたり写真を撮ったりできるよう徐行運転個所を増やし、室井さんの語りで沿線の見どころを紹介するという。

 富山県では、高岡市と射水市を結ぶ万葉線が昨年7月、車内アナウンスに射水市出身の落語家立川志の輔さんを起用している。JR氷見線では、忍者ハットリ君も登場するなど各地で車内放送が注目されている。

参考:中日新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

就活 人気企業に異変!?(09年4月)

 少しネタは古いが、リクルートは、2010年春の大学卒業予定者を対象に調査した就職志望企業ランキングを発表した。

■結果は以下の通り(※カッコ内は昨年順位)■

 1位 JR東海 (4位)
 2位 JR東日本(9位)
 3位 全日空  (1位)
 4位 みずほフィナンシャルグループ(3位)
 5位 三菱UFJ信託銀行(20位)
 6位 三菱東京UFJ銀行(2位)
 7位 東京海上日動火災保険(17位)
 8位 NTTドコモ(29位)
 8位 三井住友銀行(5位)
10位 ベネッセコーポレーション(13位)
 
 98年の調査開始以来初めて、ベスト10からメーカーの姿が消えた。JR東海が初の首位になるなど、不況に強いとされる旅客運輸など社会インフラ関連が順位を上げた。

 一方、トップ10常連のトヨタ自動車が前年の6位から96位に急落するなど、業績が悪化している自動車、電機メーカーが大きく順位を下げた。大手電機では、ソニーが前年8位から29位に、シャープが14位から55位に、キヤノンが20位から77位に大きく順位を落とし、学生の安定志向を浮き彫りにした形になった。

 JR東日本や西日本ではなく、東海が1位ということは、鉄道が好きというよりは、安定志向なのであろう。0系新幹線やブルートレインなど最近マスコミが「鉄道」を取り上げる機会が増えていることから鉄道に興味を持つ若者が増えているのも事実とは思うが・・・。

参考:日本経済新聞

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

新生活スタート! 名古屋から神戸へ(09年4月)

画像 113.jpg sakura-t.JPG living.JPG

 名古屋から神戸への引越しも終え、家の中もようやく片付いた。単身なら気軽であるが、家族が一緒となると各種手続きも含め、大変なイベントである。1〜2年ごとに転勤を繰り返す転勤族ともなるとさすがに慣れて要領もよくなるのであろうが・・・仕事以上に疲れた。

 大阪から名古屋へ引っ越したときは、気分的に異国の地へ来たという関ヶ原の大きな壁を感じたが、今回は地元であるから懐かしさの方が大きい。週に何度も仕事で関西へは来ていたが、実際生活すると落ち着く。

 早速、近隣を散策してみる。海から山までがとにかく近い。狭い河川があるが、川というよりは段々になった滝である。昨年、水害による痛ましい事故があったのが信じられないくらい春の日差しののどかな風景が広がる。

 妻子はまるで観光旅行にでも来たかのような喜びようで、あちこち探索をしているようである。ま、そのうち飽きるであろうが、次はいつ引越しとなるやら・・・?

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。