2009年10月14日

国交相 羽田ハブ空港化発言波紋(09年10月)

P1070196.JPG ana.JPG haneda.JPG

 12日の前原国交相の発言に対し、成田空港の地元で困惑が広がっている。事前の相談も説明もなく方針が発表されたことに、首長らは八ツ場ダムと同じと不快感をあらわにしている。

 成田空港は今月下旬、2500メートルに延伸されたB滑走路の供用が始まり、ようやく大型機が発着できる滑走路が2本揃う。国際空港らしい体裁が整うという矢先の発言である。

 さらに、来夏開業する成田新高速鉄道にも地元は多額の出資や協力をしてきた。JR東日本の空港アクセス特急「成田エクスプレス」にも新車導入など新たな発展に期待して皆投資をしてきた。成田は国際線、羽田は国内線という大原則を変えるにはタイミングが悪すぎる。

 政権交代とはこういうものだと言われてしまえば、辛いものがある。中長期的なプロジェクトなど成り立たなくなる。これまでのデタラメな航空行政をスピード感をもって是正しなければならないのは事実であるが、多くの利害関係が絡む以上、丁寧なプロセスが必要である。このバランスは難しい。

 本来、羽田の新滑走路建設時から自民党政権下の国交相が将来ビジョンを説明をしてこなかったツケを負わされているに過ぎない訳だが、いつかは説明しなければならない問題であった。多くの反対を押し切って推進してきた成田に気を遣うあまり、言えなかったのだろう。八ツ場ダム問題も同様である。しかし、政権が変わると本音でズバッと言ってしまう。驚くべきスピード感である。

 現在海外へ出国する人の2割は仁川などの海外ハブ空港を経由している。日本国内にアジアで勝てるハブ空港建設は羽田しかない。しかし、今後残される成田・関空問題をどう処理していくのか?

 大阪の橋下知事は関空を西のハブ空港とし、伊丹空港は廃止すべきと主張するが、前原大臣は、関空には全く関心がないようである。それどころか毎年90億円の補助金や来年度から上乗せの70億円もカットしそうな雰囲気である。下手をすると1兆余りの負債を抱えた関空を潰すかも知れない。JALの経営再建で大幅便数削減案が予想される中で2つのハブ空港は無理であろう。

 将来、リニアが出来れば東京−大阪間は60分余りとなり、伊丹空港跡地売却益の一部をリニアの関西空港延伸建設費に充て、大阪−関空を7分で結ぶという具体策まで出ていただけに、知事の頭の中は、今真っ白なのではないか?伊丹を存続させ、大阪府が負担する関空への補助金もカットと大方針転換となるのか?

 13日の東京株式市場も早速反応している。空港関連や海洋土木関連企業の株が値を上げた。羽田空港旅客ターミナルを運営する「日本空港ビルデング」の終値が前週末比200円高の1274円に上昇。海洋土木最大手の五洋建設が一時、7円高の114円まで買われた。

 鉄道では、京浜急行電鉄の終値が9円高の731円だったのに対し、京成電鉄は6円安の544円となった。

参考:朝日新聞HP
   読売新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130212983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

鉄道検定DS
Excerpt: 鉄道検定DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「鉄道検定DS」へ!
Weblog: 鉄道検定DS
Tracked: 2009-10-14 05:48

京成電鉄
Excerpt: 国交相 羽田ハブ空港化発言波紋(09年10月) ... 鉄道では、京浜急行電鉄の...
Weblog: つよしの日記
Tracked: 2009-10-15 10:17

京成電鉄
Excerpt: 国交相 羽田ハブ空港化発言波紋(09年10月) ... 鉄道では、京浜急行電鉄の...
Weblog: なおこの日記
Tracked: 2009-10-18 00:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。