2009年12月05日

「北陸」「能登」 来春引退か!?(09年3月)

P1060975.JPG P1060972.JPG P1060991.JPG

 毎年12月中旬に3月のダイヤ改正の概要が公表される。寝台特急「出雲」、「なは・あかつき」「銀河」、「はやぶさ・富士」など毎年のようにブルートレインの廃止が発表されてきた。来春はないだろうと思っていたが、「北陸」が引退するとの報道がされている。

 同時に、同じ上野−金沢間で運転されている急行「能登」も廃止されるという。公式発表はまだであるが、過去の例からして単なる憶測とは思えない。

 昨晩は東京出張の復路に急行「能登」を利用したが、9号車の自由席は7名、金沢到着時点では魚津から乗車した4人組と私だけであった。車両の老朽化も否めず、乗車する度にいつ廃止になってもおかしくないなと感じていた。

 一方、「北陸」の利用者は決して少なくないと思われる。開放B寝台の下段はほぼ埋まっていたように思う。格安のトクトクきっぷの効果と思われるが、費用対効果で考えるとJRにとっては連日満席状態くらいの勢いがなければやって行けないのであろう。

 昨晩のホームにはファンの姿はまばらであったが、今後大勢が大挙するのであろう。そして、私の東京出張の楽しみが減ってしまう。

参考:読売新聞HP

banner_02.gif←投票にご協力下さい

鉄道サウンド広場(本館)
posted by 城崎かすみ at 20:57| Comment(5) | TrackBack(0) | さよならブルートレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JRはますます不便になっていきますね。
Posted by MAXこだまレールスター at 2009年12月06日 08:54
車両の老朽化は、これだけはもうどうにもならないでしょうね。因みに新683系4000番台も現在、川重で増備中とのことですが、早ければ来年の3月辺りになると雷鳥の減便も併せて実施される可能性は高いでしょう。

485系も40年以上活躍した大ベテランであり、老朽化は否めない状況なのでやむを得ないのかもしれません。
Posted by triRail at 2009年12月06日 13:11
「能登」「北陸」を廃止して、681系「はくたか」編成による臨時快速「ムーンライト北陸」の運転開始ならいいのですが・・・。救済措置としてはJRバスの増発くらいが妥当でしょう。
Posted by 城崎かすみ at 2009年12月06日 21:53
まあ、上野口で681系を運転させようと思ったら越後湯沢→上野間の乗務員訓練が必要かもしれませんが、注目の的かもしれませんね。
Posted by triRail at 2009年12月08日 00:58
 1月22日、JR各社は春の臨時列車の運転計画を発表しました。
 
 ダイヤ改正は、臨時夜行急行「能登」として毎週金・土と春休みや連休中などに運転されます。予想以上に運転日が多く一安心です。

 「ムーンライトえちご」の車両が183系6連に変更されることから、新潟区の485系国鉄色での運転となるのでしょう。

 ボンネット車両の引退は寂しいことですが、列車名や国鉄特急車両での運行がしばらく存続するということで、乗り鉄にとっては助かりました。

 お別れ乗車は、「北陸」に人気が集中しそうですね。しかし、能登編成バージョンの「鉄道唱歌」やご当地メロディーの車内チャイムが聞けなくなります。朗報は、「ムーンライトえちご」の上り列車ではオリジナルの「鉄道唱歌」オルゴールが聞けるようになるかも知れません。
Posted by 城崎かすみ at 2010年01月23日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134793804
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。