2014年06月29日

JR北海道 特急北斗93号ブレーキ不具合で運休(14年6月)

 29日、18時20分頃、JR北海道の特急「北斗93号」(函館発札幌行)で、ブレーキがかかったままになるトラブルが発生し、八雲駅で運行を取りやめた。乗客約200人は後続の特急に乗り換えた。

 JR北海道では、車両不具合が相次ぎ該当車両と同形式の車両の運用を見合わせている。その為、旧型の183系などの臨時列車でその救済を行っている。「北斗93号」もその一つであるが、その車両でも不具合ということは、車両全体のメンテナンス体制に大きな問題があるであろうか?

 先日の江差線の脱線事故も3度目というが、原因が曖昧なのも心配である。何故なら、対策が打てないからで、このままではいつ再発してもおかしくない。とりあえず徐行運行しかないという。車両、線路いずれもこれまでの管理体制のツケが一気に噴出してきた感じである。

 副社長は会見で、「何事も絶対安全はない。これをやっても100%安全とは言えないが、相当厳しい内容だ」と述べているが、確かにそうであるが、トップがこんな発言をしているようではダメだ。2重、3重のチェック体制をとり万全を期すと言い切ってもらわねば、安心して乗車することは出来ない。厳しい意見だが、新幹線はJR東日本が新函館北斗まで運行管理した方がいいかも知れない。

参考:時事通信ニュース
posted by 城崎かすみ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。