2014年07月03日

兵庫県議 城崎温泉・佐用に何の用?(14年7月)

 兵庫県議の珍会見がメディアでも話題となっている。彼は、2日に1回以上に当たる年間195回もの日帰り出張をし、約300万円の交通費が「要請陳情等活動費」という名目で県から支給されている。

 その内訳は、兵庫県の城崎温泉駅が106回、佐用駅が62回、県外では、博多駅が16回、東京都内が11回だった。城崎温泉といえば観光関連の視察かと思いきや観光協会幹部によると面識はないというし、何が目的だったのだろうか?単に個人的に入浴の為に行っていただけではないかと疑いたくなる。

 また、佐用が良く分からない。智頭急行と姫新線が交差する町で、特に観光や見どころがあるかというと年間62回も行きたくなるような名所は思いつかない。町の南部には「SPring-8」と呼ばれる世界最高性能の大型放射光施設が存在するので、科学系の調査でも行っていたのであろうか?記者会見では、「高齢者問題は、わが県のみ…ウゥアアア…わが県のみなら…ウアアア…わが県のみならず、西宮…日本人の問題じゃないですか!」と全く科学とは縁がなさそうな感じであった。知人でも会いに行っていただけなのか?

 記者会見と言いながら、明確な説明がないので、このような憶測が広まってしまうのである。同じ県民として恥ずかしい。
posted by 城崎かすみ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。