2014年07月07日

JR西日本 七尾線に観光列車投入(15年10月)

 7日、JR西日本は、2015年の大型観光キャンペーン「北陸デスティネーションキャンペーン(北陸DC)」にあわせ、JR七尾線に同年10月から観光列車を新規運転開始すると発表した。

 車両はキハ48形を改造した2両編成(定員52人)を使用。デザインは、近鉄の観光特急『しまかぜ』の車両を手掛けた方々が担当し、「和と美」を表現し、北陸の伝統工芸である輪島塗や加賀友禅をイメージしたデザインにする。内装などのイメージが公開されているが、豪華な雰囲気はあるものの、のんびりと汽車旅を楽しもうというような感じではない。乗車時間もそれ程長くないからであろうが、窓枠もそのまま、座席配置も中途半端で個人的は乗ってみたいとは思わない。

 そういえば、先日広島方面からキハ48系2両が北陸方面へ回送されたという話題がネットで紹介されていたが、今回の改造タネ車だったということである。改造工期の問題もあろうが、北陸新幹線金沢開業にあわせ来春より運行できればいいのであろうが調整が遅れていたのであろう。
 

 輸送力に余裕のある「こうのとり」「くろしお」などは観光列車としてもう一工夫した車内環境が提供できないものか?北陸新幹線開業で捻出される「はくたか」用681系が「こうのとり」に転用されるかは分からないが、JR九州や近鉄のように皆が注目する列車の登場を期待したい。

参考:JR西日本HP
posted by 城崎かすみ at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルプスの牧場のオルゴールは流れるでしょうかね・・・
Posted by tetudou at 2014年07月08日 07:02
JR東日本の「リゾートしらかみ」のような大胆な改造の場合、放送装置も新型に交換されるでしょう。旧青池編成には「クラシック名曲選」の電子オルゴールまで搭載していました。しかし、JR西日本はそこまでの大掛かりな改造は行いませんからそのまま残る確率は高いと思います。広島地区の「瀬戸内マリンビュー」でも「アルプスの牧場」が流れました。
Posted by 城崎かすみ at 2014年07月09日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401230600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。