2014年07月08日

JR東日本 山手線新駅名めぐりバトル勃発(14年7月)

 2020年、品川-田町間に山手線30番目の駅として暫定開業する新駅の名称を巡り、早くもバトルが勃発している。沿線の「高輪」「芝浦」などの地名にしようと署名活動まで始まっているという。場所は品川駅から0.9キロ、田町駅から1.3キロの地点である。線路は新幹線寄りに移設され、旧田町電車区内に駅舎が出来るようである。

 大阪市営地下鉄の谷町線は、太子橋今市、千林大宮、関目高殿、野江内代・・・など2つの地名を一緒にしたものが多い。地元の要望を聞いていると結局は新函館北斗や燕三条、岐阜羽島などのように単純に合わせ技で落ち着くというのがお決まりのパターンである。

参考:ANNニュース
posted by 城崎かすみ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。