2014年07月10日

第二青函トンネル待望論!?(14年7月) 

 2016年春の開業を目前にした北海道新幹線・新青森−新函館北斗間であるが、青森県で「第2青函トンネル待望論」が急浮上しているという。折角のフル規格新幹線でありながら、青函トンネル内では高速走行できず、所要時間が長くなるためである。

 トンネル内で新幹線と貨物列車が高速走行で擦れ違うと、風圧でコンテナ破損などの危険があり、新青森−新函館北斗間149キロのうち、青函トンネルを含む82キロの区間は、在来特急並みの速度を前提にダイヤが組まれる予定である。両駅間の所要時間は高速走行なら39分だが、減速すると18分遅く57分となる。利用促進へのうたい文句が「約30分」と「約1時間」ではアピール度が大きく違う。青森県は全ダイヤの高速走行を前提に工事計画に同意し、総工費の一部約800億円を負担することから反発が大きいという。

 第二青函トンネルの建設はいかがなものかとは思うが、何とか新幹線が高速走行しながら貨物列車の運行も最小限の負担で済むような方策がないものであろうか?

参考:河北新報ニュース
posted by 城崎かすみ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401478591
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。