2014年09月12日

JR西日本 トワイライトエクスプレス南紀の旅(14年11月)

P1170328.JPG P1170329.JPG P1170330.JPG

 2015年3月の廃止が公表されている寝台特急「トワイライトエクスプレス」。扱いは臨時列車であるから、いつ自然消滅してもおかしくはない。かつて、急行「ちくま」「きたぐに」「能登」、寝台特急「日本海」や快速「ムーンライト九州、高知、松山、山陽、八重垣」など臨時格下げ後、運行を取りやめるにあたっては正式にアナウンスがないままに終わっている。臨時であるから、車両がある限り、ブルートレイン「日本海」の再度運行は全くないとは言えないのも事実ではあり、致し方ないのかも知れない。

 そういう意味で、「トワイライトエクスプレス」の廃止の公表は異例であり、北陸線金沢以北が三セクになれば、まず乗り入れることはあり得ないということと、最後に一儲けして、次の豪華寝台特急への布石を打っておこうとの思いがあるのだろう。

 3月のダイヤ改正については、例年12月におおよその概要が決定するが、「北斗星」「カシオペア」「はまなす」も廃止または臨時格下げになる可能性が高い。

 前置きはそれくらいにしておき、本題へ。
 エースJTBは、旅行商品として、「トワイライト車両を使用した熊野・南紀の旅」を発売している。和歌山ディスティネーションキャンペーンの一環であるが、JR西日本も次世代豪華寝台特急への第一歩として考えているかも知れない。

運転日:11月2日 大阪16:18→敦賀経由→米原→京都→新宮8:30頃
    11月3日 紀伊勝浦10:57→和歌山16:22

観光や食事なども込みのトワイライトには片道乗車(片道はくろしお乗車)で、A個室スイート2名1室80,000円也、Bコンパート58,000円など北海道へ行くことを思えばお手軽かも知れない。

 廃止の理由を老朽化とはいいながら、3編成あるトワイライトの車両の中から状態の比較的いいものを1本残し、次世代豪華寝台特急が誕生するまでは、南紀、山陰、山陽方面へ観光列車として運行するであろう。スタッフの雇用やスキル・ノウハウの継承なども必要である。


posted by 城崎かすみ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | さよならブルートレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405323725
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。