2007年09月26日

JR四国 「ゆうゆうアンパンマンカー」リニューアル(07年10月)

anpan1.JPG anpan3.JPG anpan2.JPG

 JR四国では、人気アニメ「アンパンマン」のキャラクターを使用した列車を運転して今年で7年目となる。外観は勿論、座席や内装にもキャラクターが描かれており、2000系気動車の車内放送チャイムにも「アンパンマンのテーマ」が導入されている。

 02年10月には徳島地区に「ゆうゆうアンパンマンカー」が登場した。余剰となっていた半室グリーン車の185系気動車の中間車を改造したもので、車両の半分を座席ルームに、もう半分をキャラクター遊具を配したプレイルームという珍しい構造となっている。専属スタッフも乗務しており安心して子どもが遊べる環境が好評である。

 今回、「ゆうゆうアンパンマンカー」はデビュー5周年を記念し、リニューアルを実施する。

 10月5日(金)、同列車を連結した団体専用列車を徳島−阿波川島間に1往復運転する。当日は12時20分より徳島駅で出発式が予定されている。園児による合唱披露、主催者・来賓あいさつ・乗務員への花束贈呈・テープカットなどお決まりの流れで、12時43分に駅長による出発指示合図で、招待された園児を乗せた団体列車は出発する。

 今回、一般客は乗車できないが、徳島地区の特急「剣山」などに連結されるので時刻表やJR四国HPなどを参照頂きたい。

参考:JR四国HP

鉄道サウンド広場(本館)

banner_02.gif←投票にご協力下さい

キャロック リールロック アンパンマン 120 YB-2026キャロック リールロック アンパンマン 120 YB-2026
販売元 : Amazon.co.jp スポーツ
価格 :
[タイトル] キャロック リールロック アンパンマン 120 YB-2026
[ブランド] キャロック

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 城崎かすみ at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京の京急電鉄ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージの各プリキュアの描かれた電車を走らせるそうです(大阪府の京阪電鉄と山梨県の富士急行との間で機関車のトーマスのラッピングの対決はあるが、アンパンマンの対決は無い。1994年と1995年に東京の京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマン列車を走らせることはない)。
理由として、東日本大震災の影響やアンパンマンの作者のやなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少傾向にあることと、京急は大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつて横須賀市内で脱線事故に遭遇し、その後廃車になってしまった京急1500形電車や東日本大震災で被災廃車になってしまった仙石線・石巻線・気仙沼線の列車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。
Posted by まいんど at 2014年09月02日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。