2014年07月04日

JR北海道 安全優先のダイヤ改正(14年8月)

 4日、JR北海道は、8月30日にダイヤ改正を実施すると発表した。メンテナンス体制の強化を目的としたダイヤ見直しの一環で、最高速度の引下げとカーブ通過速度の抑制などを行う。

 最近全国的なダイヤ改正は3月に行われるが、各地域ごとの改正は7月や12月など一般に繁忙時前に少し余裕を持って実施するのが一般的である。今回のように観光シーズンも終わり、多客輸送時期が一段落する時期に実施するのも珍しい。

 というのも、一般にダイヤ改正というと高速化が目玉となるのであるが、今回は逆行して、スピードを犠牲にするということも影響しているかも知れない。その代わりに接続を改善し、乗り継いで長距離を移動する際のトータル所要時間が大きく伸びないよう見直しが行われる。

 一例でいうと、札幌〜帯広間の特急『スーパーとかち』は、最高速度を現在の130km/hから120km/hに引き下げ、同時にカーブの通過速度も抑える。これにより平均所要時間が現在より9分増えて2時間45分に。

 札幌〜稚内間の特急『スーパー宗谷』はカーブの通過速度を抑え、平均所要時間は2分増の5時間6分。

 札幌〜新千歳空港間の快速『エアポート』は最高速度を120km/hに引き下げ、所要時間が現在より1分長い37分になる。

 『スーパー宗谷』『とかち』で使用されるキハ261系気動車は、車体下の空気バネの空気量を調整し、車体を傾ける車体傾斜装置を採用している。これによりカーブでも速度を落とさずに走ることができる。今回のダイヤ改正では、車両や軌道への負担軽減と空気供給機器のトラブル防止を図るため、車体傾斜装置の使用を中止し、カーブでの走行速度を抑えるという。同車両の特徴とも言える振り子機能を封印してしまうのは勿体ないが、致し方ない。

 かつては優秀な技術力とメンテナンス力で安全化、高速化、快適化を実現してきたが、ここへきて、その信頼性が揺らぎ、今回の改正となるのは残念であるが、安全が最優先であるから経営判断としては評価したい。一方で更なる改善とメンテナンス強化で再び安心して高速運転が再開できる日が来ることを期待したい。

 ちなみに、国鉄時代から使用している711系電車30本は、今回のダイヤ改正で16本が721系電車に置き換える。残り14本も本年度中に順次置き換えられる。先月北海道を訪れた際、まだ各所で同系列を目撃し、意外とまだ残っているものだと思ったが、今なお現役で活躍できるというのも国鉄車両の優秀さを証明しているようである。

参考:JR北海道HP
posted by 城崎かすみ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

兵庫県議 城崎温泉・佐用に何の用?(14年7月)

 兵庫県議の珍会見がメディアでも話題となっている。彼は、2日に1回以上に当たる年間195回もの日帰り出張をし、約300万円の交通費が「要請陳情等活動費」という名目で県から支給されている。

 その内訳は、兵庫県の城崎温泉駅が106回、佐用駅が62回、県外では、博多駅が16回、東京都内が11回だった。城崎温泉といえば観光関連の視察かと思いきや観光協会幹部によると面識はないというし、何が目的だったのだろうか?単に個人的に入浴の為に行っていただけではないかと疑いたくなる。

 また、佐用が良く分からない。智頭急行と姫新線が交差する町で、特に観光や見どころがあるかというと年間62回も行きたくなるような名所は思いつかない。町の南部には「SPring-8」と呼ばれる世界最高性能の大型放射光施設が存在するので、科学系の調査でも行っていたのであろうか?記者会見では、「高齢者問題は、わが県のみ…ウゥアアア…わが県のみなら…ウアアア…わが県のみならず、西宮…日本人の問題じゃないですか!」と全く科学とは縁がなさそうな感じであった。知人でも会いに行っていただけなのか?

 記者会見と言いながら、明確な説明がないので、このような憶測が広まってしまうのである。同じ県民として恥ずかしい。
posted by 城崎かすみ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

大井川鐡道 きかんしゃトーマス運行(14年7月)

 静岡県の大井川鐡道は、保有する蒸気機関車C11 227に「きかんしゃトーマス」の意匠を施し、「きかんしゃトーマス号」として7月12日〜10月12日の指定日に、新金谷〜千頭を1日1往復運行する。

 きかんしゃトーマスの母国イギリスでは"Day out with Thomas"という名称で以前より運行されているが、アジアでは初めての運行となる。京阪電車などのラッピングトレインや遊園地の遊具と違い、本物の蒸気機関車のトーマスはテレビ番組以上に見ごたえがある。トーマスファンなら乗ってみたいであろう。予約はほぼ満席状態という。

 とは言っても、鉄道ファンからすると貴重な本物の蒸気機関車はオリジナル+旧型客車のまま走行させて欲しい。どうしても「トーマス号」が必要ならば、東京ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道の蒸気機関車のように新規で作って貰いたいところではある。

 いつまでもオールドファンの年輩客頼みではなく、ファミリー客の取り込みも必要であり、今回の企画は意外と大ヒットするかも知れない。車内放送もトーマスの声で行われているようで、新たな観光鉄道としての飛躍に期待したい。
posted by 城崎かすみ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 民鉄・3セク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

楽天トラベル 国内夏の旅行動向(14年6月)

 30日、大手旅行サイト「楽天トラベル」を運営する楽天は、夏の旅行動向を発表した。

 都道府県別行き先伸び率では、愛媛県がランキング1位に輝いた。同サイトで予約した夏休み期間(7月15日〜8月31日)の愛媛の予約宿泊者数(延べ数)は6月19日時点で前年比66.9%上昇。昨年の26位(13.5%増)から躍進した。四国エリアは好調で、2位も47.1%上昇の高知県である。

 四国霊場開創1200年で遍路が注目を浴びているほか、瀬戸内しまなみ海道でのサイクリング人気が向上がその要因という。「今治・しまなみ海道エリア」は、本屋大賞を受賞した小説「村上海賊の娘」の効果もあり77.3%増加したのが大きい。

 あくまでも伸び率のランキングであるが、地味な四国がトップになっているのは意外であった。新アトラクションのオープンで注目のUSJ絡みで京阪神の方がはるかに注目度は高いであろう。しかし、宿泊施設のキャパや、昨年の稼働率、客室数の伸びなどから単純に伸び率だけでランキングされると、大阪や東京などは不利である。
posted by 城崎かすみ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

JR宮崎駅 駅構内に県民歌流す(14年6月)

 6月30日からJR九州・宮崎駅では、駅構内に県民歌を1日5回流すことになった。同日で制定50周年を迎えるのに合わせたもので、同社で県民歌を駅構内で流すのは初めてという。
 流す時間は電車の発着に合わせ、午前8時1分、午後0時2分、同5時56分が1番(約1分)のみ。午前10時22分、午後3時半は3番までのフルコーラス(約2分40秒)となる。

 県民歌で一番有名なのは長野県の「信濃の国」ではなかろうか?特急「あさま」「あずさ」などの特急列車では車内放送メロディーにも採用され、関西人の小生でも歌える。しかし、兵庫県民歌や大阪府民歌など聞いたことがない。「やっぱ好きゃねん」や「大阪で生まれた女」などご当地ソングは沢山あるが・・・。

 JR九州といえば、「社歌」が有名である。利用者の多くは鼻歌くらいなら歌えるのではないか?現在はその程度は分からないが、かつて「浪漫鉄道」は駅構内は勿論、特急車内でも頻繁に流されていた。宮崎県民歌も宮崎駅構内で5回と言わずに、県内主要駅の発車メロディや車内放送チャイムとして広く導入すればいいのではないか?

参考:宮崎日日新聞ニュース
posted by 城崎かすみ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。